メイクに合ったクレンジング方法を徹底解説!

毛穴から汚れごっそり★美肌を作る洗顔料

仕組みと選び方

女性

クレンジングの仕組みとは、油分でメイクアップ用品を浮かして洗顔で落とすというものです。メイクアップ用品は油分であり、クレンジング剤の主材料も油分です。それに界面活性剤が加えられて、メイクを早く落とせるようになっています。ただ肌への負担が大きくなるので界面活性剤は少なめがよいです。

メイクに合った落とし方

婦人

メイク落としの特徴

仕事の日と休みの日のメイクは違っていることが多いので、その時に合ったクレンジングをする必要があります。デートやパーティーなどでしっかりメイクをしている時なら、汚れ落ちの良いオイルタイプを使うと短時間で肌を傷めずにメイクオフできます。普段のナチュラルメイクには肌質に合ったものを使ってクレンジングするのがおすすめです。乾燥肌や敏感肌の方は潤いを重視して、肌に優しいミルクタイプやクリームタイプが向いています。皮脂汚れのたまりやすいオイリー肌の方は、汚れがしっかりと落ちるオイルタイプやジェルタイプを使うと良いでしょう。また、アイメイクなどは全顔用のクレンジング剤では落ちませんから、専用のリムーバーで予め落としておいてから、顔のメイクオフを行いましょう。クレンジングをする時のポイントは、肌をこすったり力を入れたりしないで、優しく丁寧にメイクを落とすということです。特に目元は皮膚が薄くて傷つきやすいので、軽くポイントメイク用リムーバーをなじませるようにしてメイクを浮かせるのが基本です。すすぎをする時にはお湯の温度にも気をつけましょう。あまり温度が低すぎると汚れが肌に残ってしまうし、高すぎると必要な皮脂まで奪われてしまいます。なるべく体温に近いぬるま湯ですすぐようにして、この時にも肌をこすらないように気をつけましょう。一番大切なのはその日のメイクはその日のうちに落とすということです。油分を含むメイクを落とさずに寝てしまうと、30日洗顔していないのと同じくらい肌が汚れていると言われています。健やかで清潔な肌を保つためにも、毎日のクレンジングを徹底しましょう。

正しく行うのが効果的

女の人

クレンジングは正しく行うのが効果的です。先に手を洗う、その日の汚れはその日のうちに落とすといった基本的なことを守りましょう。肌質に合わせてクレンジングを選ぶ、メイクの濃さに合わせて使い分ける、といったことも効果的です。

メイク落としが楽に

洗顔

クレンジングは界面活性剤を使い、水では落としづらい油性のメイク落としを楽にしてくれます。オイルタイプ、ミルクタイプ、クリームタイプなど様々な商品が出ていますので、肌質に合うものを選びましょう。肌を傷めないよう、こすらず優しく落としていくことも大切です。